ピルについていろんな視点での解説

人工中絶のリスク

もしも避妊をしなかった場合、当然に妊娠をしてしまうということは、当然でしょう。

もしも妊娠をしてしまった場合、中絶手術を行うという選択をすることになるわけですが、中絶手術には、当然にリスクというものが伴うものです。

中絶手術は、基本的に安全にきちんとした手術を受けることが出来れば、後に妊娠をしにくくなるというようなリスクを背負うことはありません。

ただし、手術の際に何かしらのトラブルが起こった場合には、その後妊娠ができにくくなるというリスクが存在するのです。

そのトラブルの代表的なものいうのは、子宮内感染を起こすということ。

それによってアッシャーマン症候群などを発症してしまった場合、着床することが難しくなってしまうため、妊娠がしにくくなってしまうという具合です。

他にも妊娠初期の中絶手術で考えられるリスクとしては、麻酔のアレルギーによるアナフィラキシーショック、子宮内の妊娠組織の残留、子宮内感染、子宮穿孔などです。

確率が少ないとはいえ、それはゼロではありませんから、ピルなどを常飲し、しっかりと避妊は行なっておきたい所ですね。


 

ピルについてのFAQ

ピルについてのFAQで多いものと言えば、どうして避妊につながるのかということでしょう。

ピルを服用すると、3つの効果が期待出来ます。

まずは排卵のストップです。

女性ホルモンが血液中を循環することになり、女性ホルモンが十分存在する状態になるわけです。

これによって排卵をさせる働きを防止することになり、排卵そのものが出来なくなるわけですから、避妊効果があるということです。

2つ目は精子を子宮内に侵入することを防止してくれます。

ピルの服用により、黄体ホルモンの影響によって、子宮頚管粘液の粘着性を高めます。

これによって精子が子宮内に侵入することをブロックするため、避妊効果を高めます。

最後に受精卵着床の防止です。

子宮内膜が薄くなることで、もしも排卵が起こり、受精してしまった場合でも、受精卵そのものが着床しにくくなってしまうため、避妊効果があるというわけです。

このようにピルを服用することによって起こる女性の肉体の変化というものを、しっかりと把握しておけば、ピルの安全性や効果というものを正しく身に付けることが出来ます。

人間の身体を意図的に変化を与えるものですから、副作用の心配も当然に存在します。

しかしそれは、通常の風邪薬でも痛み止めなどでも、リスクは一緒なのです。


 

自分でコントロールする!

女性の生理のコントロールに使われることが多いピルですが、実はこの薬を服用している人にぴる感を感じるかどうか感想を聞いてみました。

毎日飲むことは面倒になったり、飲み忘れてしまったり、朝目覚めた時に軽く吐き気があったりして、良いことばかりではありませんが、肌がキレイになるメリットがあり、そこに注目する人も多くいます。

長期間飲んでいると太りやすくなると言いますが、飲み続けていても地道な軽い運動などのダイエットはできます。

最大のメリットとして、避妊・生理がコントロールできる他に、ヒアルロン酸が体内で増えるので、プルンプルのモチモチ肌になることができます。

ニキビやその他の肌トラブルのために、服用する人もいるくらいです。

肌がキレイになると女性なら誰しもがとても嬉しいものです。

さまざまな種類がある薬なので、ぴる感を実感してみたい場合には、低用量ピルを、まずは婦人科で診察した上で処方してもらいましょう。

薬の服用に自分自身が慣れてきたら、自分でインターネット通販すれば良いのです。

最初が肝心と言うだけあって、副作用がひどくて続けられない場合もありますので、一番最初の服用時には、医師の指導の元が安心できると思います。


安価で最安値で安心のピル通販サイト

【P R】
避妊薬 | 低用量 | アフターピル通販 | 生理不順改善 | アイピル | トリキュラー | おくすりクリニック
ジェネリック医薬品の避妊薬(ピル・アフターピル)などのお買い求めは是非ともおくすりクリニックでご購入下さい!!


Copyright (C) 2014 ぴる感を効いてみる All Rights Reserved.